アウトドア キャンプ ブログ 未分類

「冒険に出よう」未熟でも未完成でも今の自分で突き進む。

投稿日:2021年2月16日 更新日:

#安藤美冬さんの言葉です

今日安藤美冬さんの「冒険に出よう」という著書を読みました
(ディスカヴァー・トゥエンティワンより2012年出版)
なんとU25💦たぶん多くの人はご存じなんでしょうが。
私は、そういえばテレビで見たことがあるような気がするくらいでした。

意外にも親近感!!

自分と二回り位違う彼女の愛読書の中に40年以上前の十代むさぼるように読んだ「二十歳の原点」「人間失格」そしてお酒を覚えた20歳から毎年春に読み返す「海流の中の島々」がありました。びっくりです。なぜ?という思いと共に不思議な親近感を感じずにはいられません。

なんと天が準備してくれたとしか思えない位のグッドタイミングの内容!!

<明日「森の住民になる(1日8時間、笑)」冒険に出発します>

特に感銘を受けた言葉七選

■成功者を目指すのではなく、一生挑戦者であり続けたい
■カテドラルを建てる人間になれ
■自分メディアの編集長になる
■ノマド的ナライフスタイルを追求する
■プロフェッショナルな素人になる
■シンプルに、身軽に

成功者を目指すのではなく一生挑戦者であり続けたい

「目的地はいつも通過点」と何かの歌にありましたが、世の中の
相対の視点から見て「成功」といくら言われようが自分自身の人生
の目標(使命)に向かう姿勢が挑戦者のマインドだと思います。
美冬さんは自らを青コーナー女子と名乗っています。

この著書をチャンピオンによる完成された「成功」物語ではなく、
未熟で未完成な挑戦者の「冒険」物語。と言っていますが、
私は、人類全ての物語だと感じました。

カテドラルを建てる人間になれ

「自分がカテドラルを建てる人間にならなければ、意味がない。出来あがぅたカテドラルの中に、ぬくぬくと自分の席を得ようとする人間になってはだめだ」安藤の30歳の決意と、新しい門出に乾杯!

と独立の時、お世話になった先輩が「星の王子様」の著者の言葉を引用して色紙に書いてくださったそうです。

私に言ってくださっているようで、涙が出ました💦

自分メディアの編集長になる

では「今の自分を発信する」そして「ツイッターを活用する」とありました。これこそノマド的ワークスタイルでは気軽な発信手段としてツイッターを推奨しているんだと思います。そしてツイッターと相性が一番良いのが「note」です。間違いないと思いました。

ノマド的ライフスタイルを追求する

産業革命以上に社会構造が変革する今の時代。そう考えた時、美冬さんの実践する「ノマド的生き方」は彼女のことばを借りれば「しなやかにサバイブ」するための必要条件だと思いました。
この概念はジャック・アタリの「21世紀の歴史(作品社2008年)」からきているそうです。今までの日本人は農耕民族の定住型が基本。自分も母に頼まれてお墓を作りましたがこれからは住む場所を限定しないライフスタイルが主流になると思っています。寂しいですがほんの何十年か前は村から出ることも大変だったことを考えるとうなずけます。

プロフェッショナルな素人になる

この言葉にも特に感銘を受けました。
美冬さんはその道のスペシャリストでなくても、いくつもの分野の専門性を掛け合わせることで自分の土俵を作ることが出来る。誰もなしえない自分の役割を持てることでプロフェッショナルになれる。と表現しています。
まさに言われる通りで自分は専門ではありませんが例えば医療に関しても西洋医学の対処療法だけではだめで心理カウンセラーやセラピスト・東洋医学なども掛け合わせて治療する必要にせまられる時代です。時代は大きく変革しています。
話はそれますが先週の日曜美術館で有名な版画家の棟方志功さんが「我が業は、我が成すにあらず」という言葉を残していると言っていました。この言葉の深読みで一つだけの分野で「自分で自分のことををアーティスト・芸術家と名乗っている人はまだまだ浅い」と偉そうに思ったりしました。

シンプルに、身軽に

最近ほかのことを優先して部屋のかたずけをしていなかったので結構ぶっ散らかし状態です。

「森の住人になる(1日8時間ですが(笑))」と決めたので身辺整理をしようと思います。

20代を思い出します。縦走登山に出かける時「もし自分がこの部屋に帰ることが出来なかった時に両親が恥ずかしくないように」と部屋の掃除と片付けとをきちんとして出発しました。今、そんな気持ちです。

またそれと別に明日大学3年の長男が春休みで遠方から1ヶ月間帰省します。いま私が目いっぱい使っている2階の12畳の半分を明け渡さなければならない現実もあります。

夜遅くなりましたが今から片づけ頑張ります!!

そして明日の夜から森の住人になるための「心の準備」もしていきます。

まだ自分事として実感がわいてないんですが、 明日冒険に出発します。

美冬さんの「いってらっしゃい!」に送られて。

それでは今日はこのへんで・・・

 

 

-アウトドア, キャンプ, ブログ, , 未分類,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ソロキャンプは危険ですか?に答えます

●「高校生です。 キャンプに興味を持って親にソロキャンプに行きたいと相談したところ一人じゃ危ないから誰かと行きなさい。と言われましたどうすべきでしょうか?」という投稿に対して私なりに答えていきます。 …

no image

バックパッカーって何?

「バックパッカーって何?」という質問に答えていきます。 バックパッカーとは1970年代の私にとっては「家財道具を背負ってウイルダネスを旅する人」です。日本でのバックパッキングブーム(1970年代~19 …

【コンパクトカヤック】初出廷エレキ試運転 釣り大失態の原因は?

  地元の海で季節ごとの魚を釣りたい。そしていずれ無人島キで「フィッシングキャンプ」したいとの思いから、一人乗りのコンパクトカヤックを購入しました。台風とかいろいろあり購入後1ヶ月以上経ちま …

外囲炉裏を作る(復活・組み立て編)

炭火が好き、焚火が好き、揺らぐ炎が好き、さらに炭火で肉や魚を日常的に食べたい。それをかなえる「囲炉裏」でも家の中に作るには様々な壁・・・そんな私が庭に「外囲炉裏」を作り、解体し、再びつくり上げた記事で …

【毎日キャンプ】26日目 ジムニーで山奥に行き野営

「毎日キャンプ」チャレンジ31日中です。地面とつながって眠ることの効果の検証をしています。 体験したことをできるだけリアルに発信することで有益なコンテンツをお届けできるように努めます。自然体験を共有し …